処女膜再生|あの頃の感覚を取り戻して生活に刺激を

女性

自分で対処

医者

女性には月に一度月経がおとずれます。これは子どもを作る準備として非常に重要なものなのです。月経は多くの場合小学校の低学年から中学生の間に起こるものです。その頃から学校の授業などで身体の変化について学ぶ機会も増え、月経が起こった際はどのように対処するべきなのか知ることが出来ます。月経は陰部からの出血があるのでそれを受け止めるためにナプキンなどを使用している女性が多くいます。このナプキンは種類が多く、出血の量が多い日や少ない日などで使用するものを細かく分けています。それ以外でも、昼活発に動く時や夜寝る時用などでも使い分ける必要があるのです。このようにナプキンは月経時に重宝するものですが、使用中、特に夏場などはかぶれることが多くあります。ナプキンの中は湿度が高く、いつの間にか患部がかぶれてしまうのです。ナプキンによるかぶれを減らすには、こまめにナプキンを交換して、湿度が上がるのをおさえることです。かぶれが起こってしまうと、患部が痒くなってしまったり、擦れて痛みが出てしまったりと、日常生活で困ることが増えてしまいます。そのため、月経時のナプキンはなるべくかぶれない肌に優しい素材で作られているものを選ぶと良いでしょう。また万が一、ナプキンでかぶれることがあっても対処できるように、かぶれてしまった患部に効く薬が薬局などで購入することができ、それを月経時に持ち歩く女性も多くいます。月経時も快適に生活していくために、ナプキン選びや、かぶれてしまった場合の対処法など自分で改善できることは、しっかり行うようにしましょう。